葉酸の話

 
プロフィール
細山浩
東京大学農学部農芸化学科食料化学研究室修了 農学博士
現在、株式会社エム・エイチ・ビー代表取締役副社長
詳細はこちら

新着エントリ
鼻水 (2/22)
血圧 (10/13)
 

新着トラックバック/コメント
新着トラックバック/コメント

 

カテゴリ
サプリメントと健康を考える なるほど!ブログ  

アーカイブ
2006年 (21)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (2)
2007年 (12)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
12月 (2)
2008年 (8)
1月 (1)
3月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2009年 (9)
1月 (1)
3月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2010年 (6)
2月 (1)
4月 (1)
6月 (1)
8月 (1)
11月 (2)
 


カレンダー
 
2010年4月
       
14
 

アクセスカウンタ
今日:2
昨日:12
累計:153,729
 

 RSS/のブログ




 
 
< 桜の季節 < 2009年 | サプリメントと健康について考える なるほど!ブログ/一覧 | 脂質異常 > お知らせ ブログ引っ越し
   2010年04月14日(Wed) 
 葉酸の話
最近気温が上がったり下がったりと、変な気候ですね。
気温差が大きいと体調管理が難しくなりますので、風邪など油断しないように気をつけましょう。


さて、今日のテーマは「葉酸」
この栄養素ご存知でしょうか。
「ようさん」と呼びます。
たまに「はさん」と読む方もいますが、大手メーカーから出ている商品で「葉酸プラス!」とCMされてから、認知度があがったように思います。


葉酸はビタミンB群のひとつで、もともとほうれん草から発見されました。
栄養機能食品として厚生労働省に認められている、正当派の栄養素です。


◆葉酸の働き
 1.葉酸はDNAの生成、修正に大きな役割を担っています。
 2.赤血球の生成にも深く関わっており、正常な赤血球が形成されます。


◆葉酸は女性に必要?
葉酸は女性、特に妊婦さんに関係がある栄養素として知られていますが、その理由をご存知でしょうか?


注目を浴びている理由は、妊娠初期(特に通常まだ妊娠に気付かない第一週が最も葉酸を必要とする期間であると考えられている。)に葉酸が不足すると、神経系の障害を持つ子供が生まれるリスクが高まるといわれているからです。


2000年からは母子健康手帳にも胎児奇形の発生予防のための葉酸の必要性(1日に400μg)が記載されるようになりました。


◆日本はまだまだ葉酸不足
日本での葉酸の必要性や認知度は海外に比べてまだまだ低く、葉酸摂取を推奨されている妊婦さんでさえ葉酸不足を指摘されている現状です。


◆葉酸を摂ろう
葉酸を多く含む食品は、レバー、緑黄色野菜、果物です。ただし、調理や長期間保存による酸化によって葉酸は壊れるため、新鮮な生野菜や果物が良い供給源となります。
最近葉酸のサプリメントもあり、食事だけでは十分取りきれない場合、サプリメントを上手に使用してはいかがですか。
しかし体が必要としているからと言って、むやみに摂取すれば良いと言うわけではありません。必要量を考えて上手に取りたいですね。
なお、大量の飲酒は葉酸の吸収および代謝を妨げると言われています。



○葉酸を多く含む食品<食品100gあたり>
植物性食品
からし菜:310μg
ほうれん草:210μg
ブロッコリー:210μg
グリーンアスパラガス:190μg
イチゴ:90μg
マンゴ:84μg
動物性食品
※レバー類の大量摂取はビタミンAの過剰摂取の心配がありますので注意して下さい。(五訂日本食品標準成分表を元に作成)
鶏レバー 1300μg
牛レバー 1000μg
豚レバー 810μg


葉酸は妊婦さんの栄養素のイメージがありますが、性別年齢にかかわらず摂ってほしい栄養素です。

 
 
Posted at 15:24 Comments/TrackBack(0) Permalink