サプリメントと健康について考える なるほど!ブログ - 2008

 
プロフィール
細山浩
東京大学農学部農芸化学科食料化学研究室修了 農学博士
現在、株式会社エム・エイチ・ビー代表取締役副社長
詳細はこちら

新着エントリ
鼻水 (2/22)
血圧 (10/13)
 

新着トラックバック/コメント
新着トラックバック/コメント

 

カテゴリ
サプリメントと健康を考える なるほど!ブログ  

アーカイブ
2006年 (21)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (2)
2007年 (12)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
12月 (2)
2008年 (8)
1月 (1)
3月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2009年 (9)
1月 (1)
3月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2010年 (6)
2月 (1)
4月 (1)
6月 (1)
8月 (1)
11月 (2)
 


カレンダー
 
2008年12月
 
     

アクセスカウンタ
今日:39
昨日:32
累計:150,035
 

 RSS/のブログ




 
 
   2008年12月26日(Fri) 
 「噛む」こと
いよいよ今年も残りわずかとなりました。
仕事納めが今日という方も多いのではないでしょうか?

連日の不景気の報道で、日本列島で意気消沈したムードが漂っているようにも感じますが、来年は明るい一年になることを願うばかりです。

明るい年にするためにもやはり「健康」は大事です。
バリバリ働いていると多少の無理もなんのその、という感じですが、
いざ病気や入院などをしてしまうと健康でいることの大切さを痛感します。
普段ではなかなか気づけないものですが、日常から健康に関心を持つことをぜひ心がけてください。


さて今年最後のテーマは「噛む」です。

皆さんはよく噛んでいますか?
食べ物を意識して噛んでいることはそんなに無いのですが、食べ物を噛み砕くだけではなく、実は免疫力向上にも役割があります。

「噛む」回数が昔に比べるとだいぶ減ってきている、というのはご存知でしょうか。
先日の読売新聞(2008年12月10)日にも出ていましたが、現代人の咀嚼回数は戦前に比べて約6割も減っているとのこと。

驚きですね。
ファストフード等やわらかい食べ物が増えたからでしょうか。
私も子供のころ母親から良くかんでたべろ、最低30回はかみなさい等よく言われました。(うちの食事は、味噌汁にそのまま入った煮干等、よくかまなくては飲み込めないようなものが多かったのですが)。

現在の高校生は昔の平均的な顔立ちを比べると、かなり顎が細くなって面長の顔立ちになっているそうです。
このままいくと数十年後の高校生の平均的な顔立ちはもっと顎が小さくなっているとのこと。

これくらい「噛む」という動作は私達に影響を与えています。


また、噛むことの役割は、食べ物を小さくし消化されやすくすることと思っていましたがそれだけではないのです。
例えば、満腹中枢を刺激し、満腹感を得たり、脳の血流を増やしたり。
また、唾液の量も増やしてくれます。


唾液は普通1〜1.5リットルもでるそうですが、色々な役割があります。
食べ物の消化、歯の再石灰化、緩衝作用、粘膜保護作用、新陳代謝を活発にする唾液ホルモンとしての作用等々。
また殺菌作用や抗酸化作用もあります。


われわれは物を口に入れるとき、口に入れて大丈夫かどうか、まず、眼で見たり、臭いをかいだりして外見等で安全を確かめて口にいれます。
でも外見だけでは、健康に良くない菌や活性酸素についてはわかりません。
そこで、知らずに口の中に入っても、唾液が菌を殺したり、活性酸素を消してくれて、より口に入れたものを安全にしてくれているのです。

そんな多くの役割を持つ唾液の量も「噛む」ことが増やしてくれます。
もう一度、「噛む」ことの大切さ考え、よく「噛む」ようにしましょう。


忘年会にお正月に新年会となにかと食べる飲むことが多いシーズンではありますが、ちょっと「噛む」意識をもってみてはいかがですか?


それでは今年もありがとうございました。
来年も皆様が健康の一年を過ごすことができますように。

 
 
Posted at 11:13 Comments/TrackBack(0) Permalink 身体のこと 
 
 
 
 2008年11月28日(Fri)   有効成分の抽出方法(2) ずいぶん寒くなりましたね。
この季節はウィルスが活発になる時期でもあります。
ウィルスは低温と乾燥を好みますからこの時期にインフルエンザなどが流行ってしまうのです。
手洗いとうがい、習慣付けましょう。


さて、前回に続きまして今回も有効成分の抽出方法についてです。
お茶やコーヒーも梅酒も「抽出」のひとつと説明しました。

抽出には原料に応じた抽出方法というのが大事になります。
さらに方法に加え時間と温度も重要です。

例えば、同じお茶でも玉露とほうじ茶では抽出方法が違います。
玉露は50−60℃で2分から2分半程度、ほうじ茶では熱湯で20−30秒と同じお茶でも、原料が異なると、抽出方法も異なるのです。
(これは成分的な意味合いがあって、玉露のうまみ成分であるアミノ酸は低温で抽出され、温度が上がると苦味成分のタンニンが抽出されて渋くなるので、玉露は低温で抽出します。)


健康食品で考えて見ましょう。
「ブドウ種子」という原料からポリフェノールという有効成分が抽出できます。
身体のサビをとる活性酸素に良いことで知られています。

大量に安価に取り出すにも当然最適な方法があり、お茶やコーヒーに比べ複雑です。
その最適な方法を見出すまでには多くの研究が必要です。

ブドウからレスベラトロール、クチナシからクロセチン、魚からコラーゲン、マリーゴールドからルテイン、お茶からカテキン等々、長年の研究によってその最適な抽出方法が開発されております。

多くの健康食品、サプリメントの製造の現場を見ていると、最適方法を使用せずに単に安価な方法で抽出しているところもあるようです。
たとえば、ほうじ茶に50−60℃のお湯を注いで20−30秒置いても美味しいお茶の成分が抽出できないように、単に安価なだけの間違った方法でお抽出すると、厳選された原料を使用したとしても、我々の健康を維持増進してくれる成分を取り出すことができません。

そのくらい抽出方法は重要なのです。


なにげなく健康食品を買われている方も、吟味して買われている方もいらっしゃると思いますが、やはり原料というのはとても大事な部分です。

お店や値段やパッケージだけでなく、「納得したサプリメントを選ぶ」それが健康のために長く続けられる要因のひとつだとも思います。


    Posted at 16:10 Comments/TrackBack(0) Permalink サプリメント       
 2008年10月29日(Wed)   有効成分の抽出方法 こんにちは。
間もなく11月です。
今年もあとわずか(ちょっと早いですか?)

しかしすっかり朝晩に肌寒さを感じるようになりました。
今年の紅葉はどうでしょう?
朝晩と日中の気温の差が大きいほどきれいな紅葉になると聞きますが、私たちにとっては体調管理の難しい気候でもありますね。
空気も乾燥する時期ですし、風邪には気をつけたいものです。


さて、今回は健康食品に使われる原料の有効成分、それをどうやって取り出すのかという方法についてちょっと書いてみます。


前回でも書きましたように、健康食品やサプリメントを作るためには私たちの健康を維持・増進してくれる成分を含有した植物や動物原料が用いられます。
そしてその成分をより摂取しやすいように、顆粒やカプセルや錠剤に加工して販売されます。


ではその有効成分はどうやって原料から取り出されるのでしょう?

例えば、マカのように原料を乾燥させて粉砕して使用する場合もあります。
これは原料そのものの成分をすべて摂取できるパターンですが、多くは必要な成分だけを原料から取り出す【抽出】という工程から作られます。


よく勘違いされるのは「濃縮」と「抽出」です。
抽出は濃縮とは違います。

わかりやすく言いますと、実は皆さんも普段から抽出という作業を毎日行っています。
さて、それはなんでしょう??

お茶やコーヒーを飲む方、どうしていますか?
ほとんどの方は熱湯を注いでお茶やコーヒーを入れていますよね。
まれにお茶の葉を食べる方もいらっしゃるようですが、ほとんどの方はお湯を注いでおいしさを味わっているのではないでしょうか。

これも実は「抽出」
熱湯を注ぐことでお茶の葉や挽いた豆からおいしい成分を取り出していることになるのです。

抽出方法としてはお茶やコーヒーのように熱湯で抽出するものもありますし、
梅酒のようにアルコールで梅の成分を抽出する方法もあります。


しかしながら重要なことはその原料の取り出したい成分に応じた抽出方法ができているか、です。
こればかりは研究をする必要があります。
お茶のおいしい入れ方がお茶の種類で違うのとおなじですね。


原料へのこだわりはもちろんその商品へのこだわりにもつながることを考えると、とても重要なポイントです。


先週は海外出張による多少の時差ぼけとの戦いのストレスで毎日レモン1個分位のビタミンCが減ってたかも。ちなみに、今日は秋晴れで気持ちよく、あまりストレスもなく、今のところビタミンも減ってないようです(笑)

    Posted at 17:23 Comments/TrackBack(0) Permalink サプリメント       
 2008年08月08日(Fri)   サプリメント選び 8月に入りお盆休み間近。
待ち遠しくもあり、早いなぁもうお盆かぁ、なんていう気持ちもあります。
立秋もすぎ秋の気配が待ち遠しいですが、そろそろ夏の疲れも出てくる時期です。
厳しい残暑に向けてしっかり体調管理しましょう。


さて、今回はサプリメントを選ぶことで大事なポイントをお話します。

たとえば、興味があるサプリがあるとします。
今の時代、たくさんのメーカーから同種のサプリメントが販売されています。
あなたはその中から何を基準にして選ぼうとしますか?

価格ですか?
外観ですか?
メーカーですか?
口コミなどの評判ですか?

各個人でどの基準で選択するかというのはそれぞれにあると思います。
しかしやはり忘れてはならないのは『安全性』です。
昨今、食の安全性に対してはさまざまな事件から消費者側にも今までとは違って慎重な意識を持つ方が増えてきたと思います。


■サプリメントの安全性とは?

まず、原料の由来
どういうことかいいますと、植物は人間と異なり好き嫌いできず、育っている土壌中の成分を吸い上げて栄養としています。
もし、土壌中に有害物質があれば、それも他のミネラルやビタミンと一緒に吸い上げ、種子や果実に溜め込んでしまうことがあります。
そんな有害物質を含んだ植物から健康維持のための栄養成分をとりだそうとすると悪い有害物質まで取り出されてしまいます。

サプリメントや健康食品のパッケージには原材料の表示がありますが、そこまでは書いてありません。
サプリメントを選ぶ時に、どこでどんな環境で育った原料かを今一度考えてみてはいかがでしょう。


ところで、先日あるところでセミナーをしたらこのブログを見ている方がいて、「細山さん自身はレモンどのくらいのビタミンが減ってますか」と聞かれました。昨日は、仕事上のストレスが多かったのですが、適度に日本酒(2合程度)を飲みリラックスできたので、レモン一個分くらいですね(笑)

    Posted at 09:22 Comments/TrackBack(0) Permalink サプリメント       
 2008年07月25日(Fri)   サプリメントの安全性について 毎日暑いですがいかがお過ごしでしょう?
本当にじりじりとむしむしと暑い日が続いております。
毎日のあいさつも「暑いですね・・・」この一言ばかり会話しているように感じるぐらいです。
世界の温暖化、どこまで行ってしまうのでしょうね。
心配です。


さて、今回はちょっといつもと視点をかえてサプリメントについてお話しましょう。

最近健康ブームで相変わらずサプリメントや健康食品が氾濫してます。
コンビニでも買えますし、100円ショップにも売ってます。
いったい日本でどれくらいの健康食品市場があるのでしょう?
サプリや機能性食品なども含めると年間で1兆5千億円規模になるそうです。

できるだけ病院にいかなくてすむようにという姿勢の現われなのかわかりませんが、とにかく健康に対して興味や意識を持ち、自分に投資するという人は増えてきているのかもしれませんね。

特にやはりメタボ等で困っている方が増えているんでしょうね。
メタボの認知度も実に87%と昨年に比べ10%も増えたそうです(読売新聞5月4日)

これまでお話してきたようにサプリメントや健康食品は食品ですから、病気を治療するのではなく、もともと我々の持っている健康を維持する力(恒常性や自己治癒力)を取り戻し、我々自身の持っている力で老化を予防し、病気になりにくい体をつくるために、手助けをしてくれるものです。


現在、生活環境は悪化し、ストレスも増加する一方です。
また野菜の栄養成分も少なくなってきています。
まずはそんな生活環境の改善や食の見直しが必要ですが、時間がかかります。

ですから、そんな環境に打ち勝ち、健康を維持するためには何年かサプリメントや健康食品の助けを上手に取り入れることが必要です。

日々新しいサプリが販売される現在、私たち消費者が求めるものは効果効能ばかりでなく、やはり安全性ではないでしょうか。
長年飲んでも大丈夫かということです。

皆さんはどんな点を見て購入の判断基準としていますか?
値段ですか?
メーカーですか?

やはり新聞に載ってましたが、食生活に関する悩みや不安を感じている人が44.3%でそのうちの81%が食品の安全性に不安を抱いているそうです。(読売新聞5月4日)

サプリメントや健康食品の安全性を考える上で重要となる点がいくつかあります。
原料の由来、有効成分の抽出方法、製品中の有効成分の含有量等です。

次回は、その点についてお話します。


    Posted at 18:39 Comments/TrackBack(0) Permalink サプリメント       
 2008年06月30日(Mon)   ストレスとサプリメント あっという間に6月も終わりになってしまいました。
梅雨まっさかりで、東京でも先週末はほんとによく降りました。
蒸し暑かったり、気温が下がったり、それに加えて冷房、現代人はなかなか大変です。
冷房がきき出すと、新陳代謝もあがりにくくなりますから、汗をできるだけかく生活を心がけましょう。


さて今回のタイトルは「ストレスとサプリメント」
ストレス対策のひとつとしておすすめのリラックス法とサプリメントのご紹介です。


睡眠と入浴
  やはりここは大事ですね。ちゃんと眠っていますか??
  ストレスを解消するためには、副交感神経を働かせることが重要です。
  睡眠不足はストレス解消の大敵です。
  そして入浴。半身浴や温泉浴などが効果的です。面倒がらずにゆっくり湯船に
  入ることを習慣にしましょう。

音楽鑑賞
  好きな音楽はありますか?
  お気に入りの音楽はつい口ずさんでみたり、リズムをとってみたり、無意識に
  気分を楽しくしてくれていることがあります。
  今はヒーリング音楽などもありますから、脳と心にリラックスタイムを。


軽い運動
  軽い運動でも運動嫌いな方にはストレスかもしれませんが、これもひとつの
  健康への大切な習慣として意識してもらいたいポイントです。 
  全身を使って毎日、軽く汗をかく程度の有酸素運動がストレス解消には効果的で   す。
  しかし効果を求めるあまりについやってしまう激しい運動は、かえって活性酸素を
  増やしてしまいます。
  普段から運動をしている人は 血液の流れもよくなり また食事中の栄養素や
  抗酸化物を全身に循環させてくれます。


ポリフェノール
  ストレスによる活性酸素から体を守るために、抗酸化力の強いポリフェノールや
  カロテノイドをとることが大切です。
  ポリフェノール入りの商品がいろいろと流行り注目を浴びましたが、ぜひぜひ
  おススメしたいひとつです。

ブドウ糖
  ストレスによって血液からの供給量が足りないと脳の活動が低下します。
  ブドウ糖入りのチョコレートも確か発売されていましたよね。
  脳のリフレッシュに。  

タンパク質
  カテコールアミンや副腎皮質ホルモンが分泌されると、「蛋白質」の分解が進み、  蛋白質の消耗が増すので十分蛋白質を摂取することが必要です。      

ビタミンB群
  ビタミンB群(B1・B2・B6・B12・パントテン酸・ナイアシンは
  抗ストレス作用があり、また蛋白質、糖質、脂質の代謝を助けたりします。

カルシウム
  ストレス対策に有名なカルシウム。ご存じのとおり現代人の不足ミネラルですね。
  脳細胞の興奮を抑えて気持ちを落ち着かせる作用があるので、十分な
  カルシウムを摂ることで精神の興奮を抑えストレスに強くなることができます。
  カルシウム、マグネシウムはある種のストレスにさらされると、カルシウムと
  マグネシウムの尿中排泄量が増えるので補いましょう。


こんな栄養素の働きになると、「よくわからないのでマルチビタミン飲んでます」というような方もいらっしゃると思いますが、自分なりのストレスの対処法や身近な栄養素の働きを理解していくと、普段の食事やサプリメント選びにも役立つことがあると思いますので、ぜひ頭の片隅に入力しておいてください。


そしておいしい食事をゆったりと楽しめることも大きなストレス解消です。
好きなものを食べられるための健康が本当にありがたいですね。
    Posted at 11:25 Comments/TrackBack(0) Permalink ストレス&リラックス       
 2008年03月18日(Tue)   ストレスと健康 ちょっとというか、かなり前回と間が空いてしまいました。すみません。

すでに外は春。日中は汗ばむ陽気の日もあったり。
桜のつぼみもふくらんできましたね。
天気が良い日は気持ちがいいですが、さすがに花粉症の人たちはつらそうです。
これも春の光景になってしまった都会です。


さて今回も前回に続きましてテーマはストレス。
この前、テレビ番組で心療内科の設置や受診者がここ数年で増加している、という内容を見ました。
複雑な現代社会、ストレスを感じていないと思いつつも実は自分だけが気づいていないだけという方も多いようです。


ストレスが健康に被害を与えてしまう事はご存知ですよね。


ストレスが起こると血管は収縮してしまいます。
そして、その収縮を抑えるため今度は副交感神経にあるアセチルコリンが放出し、血管を開くように働きます。 これが繰り返されると細い血管が傷つけられたり、血液の流れが悪くなったり、活性酸素によって細胞が傷つけられたりということがおこり、胃潰瘍や心筋梗塞などの原因になると言われています。


また、人間は酸素を吸って体内に酸素を送り込んで生きています。酸素がない環境では人間は生きることができません。
体内にとりこまれた酸素のうち2〜3%は活性酸素として体内に侵入した細菌を殺したり、ホルモンを作る働きをしています。
活性酸素は悪いことばかりを言われますが、実はちゃんと役割があるのです。


しかしこの活性酸素、大気汚染、ストレス、お酒、タバコ、激しい運動などによって体内で増え続け、細胞やDNAを傷つけたり、たんぱく質や脂質を酸化させてしまうのです。
遺伝子を傷つければガン、血管を傷つければ動脈硬化、心臓を傷つければ心筋梗塞、脳を傷つければ脳卒中の発生につながります。その他にも体の酸化状態は老人性痴呆症、リウマチ性疾患、痛風、糖尿病…など、恐ろしい生活習慣病の原因となります。


すべてとはいえませんが、健康被害を与えるきっかけになったりする活性酸素。
なんとか増やさずに生活をしていきたいものです。
とはいえ、リラックスできる環境や食生活などに気を配りついつい踏ん張っていろいろやろうとしても上手くいかない時はストレスに・・・


なにごとも無理をせずにできることから。。。ということで
次回はストレス軽減のため栄養素やサプリなどをご紹介したします!


それではみなさん、楽しい春をおくりましょう。    Posted at 18:42 Comments/TrackBack(0) Permalink ストレス&リラックス       
 2008年01月16日(Wed)   ストレスと活性酸素 2008年がスタートしました。
本年もよろしくお願いいたします。

お正月休みはいかがでしたか?
里帰りされた方、国内や海外へ旅行された方、家でゆっくりされた方。
もちろんお仕事だった方も多いはずですよね。

毎年大手百貨店の初売りがニュースで流れますが、真夜中から並ぶお客さんにも感心しますが、元旦から出勤している店員さんにも感心します。
仕事といえばそれまでですが、きっと年末も忙しかったのだろうにねぇ〜なんて(笑)


さてそんなお正月休み、休暇をいただけた方はリラックスできましたか?
連休になると心身ともにリフレッシュできる時間が持てるのではないでしょうか。
身体の健康のためにもリラックスしてストレスフリーになる時間はとても大切です。


前回のお話ではストレスが多くなるとビタミンCが消費されるという内容を書きました。
ビタミンCには抗酸化作用があり、体内にたまった活性酸素を除去する働きがあります。


「活性酸素」・・・ご存知ですよね。この言葉はいまやとても有名です。
健康生活には大敵のようなキーワードになってしまいましたが、ストレス生活を続けていると、この活性酸素が増えてしまうことはご存知ですよね。


ストレスがかかると、交感神経が優位になり、アドレナリンが副腎から分泌され、血管が収縮して血圧が上がります。
このストレス状態が続くと顆粒球(白血球)が増加し、その結果、我々を酸化させる活性酸素が大量に発生します。



ですから、ストレスが多い方は、なんと活性酸素も増えているのです。


ストレスが原因で胃や十二指腸の潰瘍・高血圧・頭痛・肩こり・めまい・糖尿病・肥満などといった症状として現れたり、体の免疫力が低下して感染抵抗力が衰えるために 風邪をひきやすくなったりします。
また、ストレスが原因で活性酸素が発生することで細胞が傷つけられたり、血管をいためたり、血流を悪くさせたり、脳梗塞や心筋梗塞などの原因ともなります。


ストレスがない生活を送ることが一番なのですが、それも難しい話です。
会社での仕事や人間関係、家庭での育児やご近所づきあいなどなど、生活をするうえではいろいろあります。


しかしストレスにはある程度自分の心がけ次第で軽減されるものもあります。
ストレスと上手につきあい、上手にリラックスできる習慣を身につけていく必要があります。


次回はストレスをなくすためには?です。

    Posted at 16:28 Comments/TrackBack(0) Permalink ストレス&リラックス