血管と血液

 
プロフィール
細山浩
東京大学農学部農芸化学科食料化学研究室修了 農学博士
現在、株式会社エム・エイチ・ビー代表取締役副社長
詳細はこちら

新着エントリ
鼻水 (2/22)
血圧 (10/13)
 

新着トラックバック/コメント
新着トラックバック/コメント

 

カテゴリ
サプリメントと健康を考える なるほど!ブログ  

アーカイブ
2006年 (21)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (2)
2007年 (12)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
12月 (2)
2008年 (8)
1月 (1)
3月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2009年 (9)
1月 (1)
3月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2010年 (6)
2月 (1)
4月 (1)
6月 (1)
8月 (1)
11月 (2)
 


カレンダー
 
2006年5月
 
10
     

アクセスカウンタ
今日:5
昨日:12
累計:150,602
 

 RSS/のブログ




 
 
| 血液と血管/一覧 | 血管と血液(2) > 血圧
   2006年05月10日(Wed) 
 血管と血液
先日、新聞やニュースなどでメタボリック症候群のことが取り上げられていました。
厚生労働省の調査によると国内ですでに有病者は1300万人!予備軍は1400万人!
なんと、40歳〜74歳では男性の2人に1人、女性は5人に1人の割合で有病者または予備軍になっているとか。

男性は2人に1人、ですよ。
会社で同僚と2人でいると、自分か同僚か、どちらかはすでに有病者か予備軍であるという割合なんですよ。
他人事ではないニュースでした。

さて、今回はそんな生活習慣病でも関わりがある血液と血管のお話です。
血液は「ドロドロ」よりも「サラサラ」がいい。なぜなら「ドロドロ」の血液は流れが悪く、血管内で詰まったりしてしまうから。
これぐらいは皆さんご存知のことと思いますが、もうちょっと詳しくしてみたいと思います。

最近、脳卒中や心筋梗塞の患者用の薬の適量を知るのに、わずか血液一滴、80分でわかるようになりました。薬の量が不適当だと鼻血や脳内出血などの副作用がおこるため、個人の適量を決めるのが大切だそうです。

しかし、医療技術や薬の進化でますます高度な治療ができるようになってきたとしても、脳卒中や動脈硬化などにならないように気をつけることも大事なことですよね。


つまり、血液の流れをよくすること。
ココです。

血液の流れが良いということは、血液が栄養素や酸素を体の隅々まで運んだり、いらなくなったゴミを外に運び出す役割をちゃんと果たしてくれているということです。
元気で調子よく生活を送るためにもこれは非常に大切なことなのです。

血液の流れをよくするためにはこの2つがポイントです。
 1.血管の伸縮性が高いこと
 2.血液がサラサラとしていること

血管と血液が揃って健康であることが大切なのです。サラサラ血液は大切だという認識は皆さん高いようですが、その血を流す血管も健康でなければいけません。

血液は勝手に流れているのではなく、血管が伸び縮みして血液を流しているのです。
それは交感神経で調節しています。交感神経は朝活性化し、夜弱まります。
つまり、朝は、血圧が上昇するとともに血管が収縮して血液が流れにくくなり、夜のほうが流れやすくなっているということです。
朝起きてコップ1杯の水を飲むと良いと言われるのは、寝ている間に水分の抜けたドロドロの血がさらに流れにくくなることを防いでいるわけなのです。

また、年齢とともに血管は酸化されて伸縮性が弱まってきます。
例えばゴムも古くなると伸び縮みが悪くなり伸びっぱなしあるいは引っ張ると切れたりしますよね。

もうひとつのサラサラ血液については、食事や生活習慣病による脂肪分や糖分の増加、ストレスや疲れなどが加わったり酸化された状態が続くと、血液がドロドロになってきます。(年齢とともにストレスも多くなりドロドロ度は高まるようです。)

年齢とともに、血管は伸縮性が悪くなり、血液はドロドロさが悪化し、結果的に流れが悪くなり、血管も詰まっていきます。
なんと30歳で30%、50歳で50%、70歳で70%とその詰まりの度合いは高まっていきます。

そうそう、よくある健康食品の広告等で顕微鏡を見ながらさらさら度を測るのを見かけますが、あの装置は水を飲んでもさっと流れるようになりますので要注意。

いかがですか?
サラサラな血液のためには血管も大切であることがご理解いただけましたか?
次回は血液サラサラ生活を送るために、のお話です。
 
 
Posted at 11:56 Comments/TrackBack(1) Permalink 血液と血管