血圧

 
プロフィール
細山浩
東京大学農学部農芸化学科食料化学研究室修了 農学博士
現在、株式会社エム・エイチ・ビー代表取締役副社長
詳細はこちら

新着エントリ
鼻水 (2/22)
血圧 (10/13)
 

新着トラックバック/コメント
新着トラックバック/コメント

 

カテゴリ
サプリメントと健康を考える なるほど!ブログ  

アーカイブ
2006年 (21)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (2)
2007年 (12)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
12月 (2)
2008年 (8)
1月 (1)
3月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2009年 (9)
1月 (1)
3月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2010年 (6)
2月 (1)
4月 (1)
6月 (1)
8月 (1)
11月 (2)
 


カレンダー
 
2009年10月
       
13

アクセスカウンタ
今日:39
昨日:32
累計:150,035
 

 RSS/のブログ




 
 
< 血管と血液 < 血管と血液(2) | 血液と血管/一覧 |  
   2009年10月13日(Tue) 
 血圧
10月も中旬。
朝夕がすっかり肌寒くなりました。
そろそろ紅葉のシーズンを迎えますね。
楽しい行楽シーズンですが、空気が乾燥してきてよりいっそうに風邪対策が必要な季節にもなりました。
手洗いやうがい、暖かい食事としっかり睡眠を心がけなければいけませんね。


さて、今回は血圧のお話です。


血圧、といっても単に高い低いではなくて、やはり血液を流している血管の健康が重要になります。年齢とともに増える循環器系や脳のトラブルを防ぐには血液の流れがまず大事なポイントになります。


血液の流れを決めるポイントとして、血管の伸縮性と血液の流動性が挙げられます。皆さんは自分の血液が「流れが良いか悪いか」ご存知ですか?


血管は年齢とともに酸化されるだけではなく、血管壁を硬くし、伸縮性が弱まってきます。例えばゴムホースが古くなると硬くなったり、破けたりするようなものです。


血液そのものについても、食事による脂肪分や糖分の増加に加えてストレスや疲れ、生活習慣病、加齢などの要素が加わり、酸化された状態が続くことで血液の流れを悪くします。


このように年齢とともに血管の伸縮性が悪くなると血液の流れを悪くしてしまいます。
その結果、高血圧にもつながるのです。


高血圧の改善にはストレスの解消で血管の緊張を緩める、また血液の粘度を下げて流れやすくすることが改善のポイントとなります。
つまりサラサラ血液にするということですね。


もちろん食生活と生活スタイルの改善を無視することはできません。


高血圧におすすめ「食と生活」
   ・ 焦らない、急がない、怒らない
   ・ 深呼吸、腹式呼吸を励行して、深くゆっくりとした呼吸を身につける
   ・ 楽しみながら、ゆったり気分で運動、ウオーキングをする
   ・ 塩辛い、濃い味の食事や脂っこいものを減らす
   ・ 朝は布団で軽く体を動かしてから起きる

また、ゴロンとなってやすむと平均23、食事をすると平均32血圧が下がり逆に、タバコをすうと平均38血圧が上がるとも言われてます


サプリメントとしては、ブドウ種子ポリフェノールやフランス海岸松樹皮エキス等はその高い抗酸化力と一酸化窒素の生産を促進する作用により、血液と血管を健康に保つことがわかっています。
血管のダメージはいろいろな生活習慣病の原因になります。
見えない臓器だからこそ、ちょっと気にしてみませんか? 
 
Posted at 11:24 Comments/TrackBack(0) Permalink 血液と血管