サプリメント

 
プロフィール
細山浩
東京大学農学部農芸化学科食料化学研究室修了 農学博士
現在、株式会社エム・エイチ・ビー代表取締役副社長
詳細はこちら

新着エントリ
鼻水 (2/22)
血圧 (10/13)
 

新着トラックバック/コメント
新着トラックバック/コメント

 

カテゴリ
サプリメントと健康を考える なるほど!ブログ  

アーカイブ
2006年 (21)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (2)
2007年 (12)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
12月 (2)
2008年 (8)
1月 (1)
3月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2009年 (9)
1月 (1)
3月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2010年 (6)
2月 (1)
4月 (1)
6月 (1)
8月 (1)
11月 (2)
 


カレンダー
 
2017年6月
       
27 28 29 30  

アクセスカウンタ
今日:13
昨日:13
累計:150,635
 

 RSS/のブログ




 
 
   2008年11月28日(Fri) 
 有効成分の抽出方法(2)
ずいぶん寒くなりましたね。
この季節はウィルスが活発になる時期でもあります。
ウィルスは低温と乾燥を好みますからこの時期にインフルエンザなどが流行ってしまうのです。
手洗いとうがい、習慣付けましょう。


さて、前回に続きまして今回も有効成分の抽出方法についてです。
お茶やコーヒーも梅酒も「抽出」のひとつと説明しました。

抽出には原料に応じた抽出方法というのが大事になります。
さらに方法に加え時間と温度も重要です。

例えば、同じお茶でも玉露とほうじ茶では抽出方法が違います。
玉露は50−60℃で2分から2分半程度、ほうじ茶では熱湯で20−30秒と同じお茶でも、原料が異なると、抽出方法も異なるのです。
(これは成分的な意味合いがあって、玉露のうまみ成分であるアミノ酸は低温で抽出され、温度が上がると苦味成分のタンニンが抽出されて渋くなるので、玉露は低温で抽出します。)


健康食品で考えて見ましょう。
「ブドウ種子」という原料からポリフェノールという有効成分が抽出できます。
身体のサビをとる活性酸素に良いことで知られています。

大量に安価に取り出すにも当然最適な方法があり、お茶やコーヒーに比べ複雑です。
その最適な方法を見出すまでには多くの研究が必要です。

ブドウからレスベラトロール、クチナシからクロセチン、魚からコラーゲン、マリーゴールドからルテイン、お茶からカテキン等々、長年の研究によってその最適な抽出方法が開発されております。

多くの健康食品、サプリメントの製造の現場を見ていると、最適方法を使用せずに単に安価な方法で抽出しているところもあるようです。
たとえば、ほうじ茶に50−60℃のお湯を注いで20−30秒置いても美味しいお茶の成分が抽出できないように、単に安価なだけの間違った方法でお抽出すると、厳選された原料を使用したとしても、我々の健康を維持増進してくれる成分を取り出すことができません。

そのくらい抽出方法は重要なのです。


なにげなく健康食品を買われている方も、吟味して買われている方もいらっしゃると思いますが、やはり原料というのはとても大事な部分です。

お店や値段やパッケージだけでなく、「納得したサプリメントを選ぶ」それが健康のために長く続けられる要因のひとつだとも思います。


 
 
Posted at 16:10 Comments/TrackBack(0) Permalink サプリメント 
 
 
 
 2008年10月29日(Wed)   有効成分の抽出方法 こんにちは。
間もなく11月です。
今年もあとわずか(ちょっと早いですか?)

しかしすっかり朝晩に肌寒さを感じるようになりました。
今年の紅葉はどうでしょう?
朝晩と日中の気温の差が大きいほどきれいな紅葉になると聞きますが、私たちにとっては体調管理の難しい気候でもありますね。
空気も乾燥する時期ですし、風邪には気をつけたいものです。


さて、今回は健康食品に使われる原料の有効成分、それをどうやって取り出すのかという方法についてちょっと書いてみます。


前回でも書きましたように、健康食品やサプリメントを作るためには私たちの健康を維持・増進してくれる成分を含有した植物や動物原料が用いられます。
そしてその成分をより摂取しやすいように、顆粒やカプセルや錠剤に加工して販売されます。


ではその有効成分はどうやって原料から取り出されるのでしょう?

例えば、マカのように原料を乾燥させて粉砕して使用する場合もあります。
これは原料そのものの成分をすべて摂取できるパターンですが、多くは必要な成分だけを原料から取り出す【抽出】という工程から作られます。


よく勘違いされるのは「濃縮」と「抽出」です。
抽出は濃縮とは違います。

わかりやすく言いますと、実は皆さんも普段から抽出という作業を毎日行っています。
さて、それはなんでしょう??

お茶やコーヒーを飲む方、どうしていますか?
ほとんどの方は熱湯を注いでお茶やコーヒーを入れていますよね。
まれにお茶の葉を食べる方もいらっしゃるようですが、ほとんどの方はお湯を注いでおいしさを味わっているのではないでしょうか。

これも実は「抽出」
熱湯を注ぐことでお茶の葉や挽いた豆からおいしい成分を取り出していることになるのです。

抽出方法としてはお茶やコーヒーのように熱湯で抽出するものもありますし、
梅酒のようにアルコールで梅の成分を抽出する方法もあります。


しかしながら重要なことはその原料の取り出したい成分に応じた抽出方法ができているか、です。
こればかりは研究をする必要があります。
お茶のおいしい入れ方がお茶の種類で違うのとおなじですね。


原料へのこだわりはもちろんその商品へのこだわりにもつながることを考えると、とても重要なポイントです。


先週は海外出張による多少の時差ぼけとの戦いのストレスで毎日レモン1個分位のビタミンCが減ってたかも。ちなみに、今日は秋晴れで気持ちよく、あまりストレスもなく、今のところビタミンも減ってないようです(笑)

    Posted at 17:23 Comments/TrackBack(0) Permalink サプリメント       
 2008年08月08日(Fri)   サプリメント選び 8月に入りお盆休み間近。
待ち遠しくもあり、早いなぁもうお盆かぁ、なんていう気持ちもあります。
立秋もすぎ秋の気配が待ち遠しいですが、そろそろ夏の疲れも出てくる時期です。
厳しい残暑に向けてしっかり体調管理しましょう。


さて、今回はサプリメントを選ぶことで大事なポイントをお話します。

たとえば、興味があるサプリがあるとします。
今の時代、たくさんのメーカーから同種のサプリメントが販売されています。
あなたはその中から何を基準にして選ぼうとしますか?

価格ですか?
外観ですか?
メーカーですか?
口コミなどの評判ですか?

各個人でどの基準で選択するかというのはそれぞれにあると思います。
しかしやはり忘れてはならないのは『安全性』です。
昨今、食の安全性に対してはさまざまな事件から消費者側にも今までとは違って慎重な意識を持つ方が増えてきたと思います。


■サプリメントの安全性とは?

まず、原料の由来
どういうことかいいますと、植物は人間と異なり好き嫌いできず、育っている土壌中の成分を吸い上げて栄養としています。
もし、土壌中に有害物質があれば、それも他のミネラルやビタミンと一緒に吸い上げ、種子や果実に溜め込んでしまうことがあります。
そんな有害物質を含んだ植物から健康維持のための栄養成分をとりだそうとすると悪い有害物質まで取り出されてしまいます。

サプリメントや健康食品のパッケージには原材料の表示がありますが、そこまでは書いてありません。
サプリメントを選ぶ時に、どこでどんな環境で育った原料かを今一度考えてみてはいかがでしょう。


ところで、先日あるところでセミナーをしたらこのブログを見ている方がいて、「細山さん自身はレモンどのくらいのビタミンが減ってますか」と聞かれました。昨日は、仕事上のストレスが多かったのですが、適度に日本酒(2合程度)を飲みリラックスできたので、レモン一個分くらいですね(笑)

    Posted at 09:22 Comments/TrackBack(0) Permalink サプリメント       
 2008年07月25日(Fri)   サプリメントの安全性について 毎日暑いですがいかがお過ごしでしょう?
本当にじりじりとむしむしと暑い日が続いております。
毎日のあいさつも「暑いですね・・・」この一言ばかり会話しているように感じるぐらいです。
世界の温暖化、どこまで行ってしまうのでしょうね。
心配です。


さて、今回はちょっといつもと視点をかえてサプリメントについてお話しましょう。

最近健康ブームで相変わらずサプリメントや健康食品が氾濫してます。
コンビニでも買えますし、100円ショップにも売ってます。
いったい日本でどれくらいの健康食品市場があるのでしょう?
サプリや機能性食品なども含めると年間で1兆5千億円規模になるそうです。

できるだけ病院にいかなくてすむようにという姿勢の現われなのかわかりませんが、とにかく健康に対して興味や意識を持ち、自分に投資するという人は増えてきているのかもしれませんね。

特にやはりメタボ等で困っている方が増えているんでしょうね。
メタボの認知度も実に87%と昨年に比べ10%も増えたそうです(読売新聞5月4日)

これまでお話してきたようにサプリメントや健康食品は食品ですから、病気を治療するのではなく、もともと我々の持っている健康を維持する力(恒常性や自己治癒力)を取り戻し、我々自身の持っている力で老化を予防し、病気になりにくい体をつくるために、手助けをしてくれるものです。


現在、生活環境は悪化し、ストレスも増加する一方です。
また野菜の栄養成分も少なくなってきています。
まずはそんな生活環境の改善や食の見直しが必要ですが、時間がかかります。

ですから、そんな環境に打ち勝ち、健康を維持するためには何年かサプリメントや健康食品の助けを上手に取り入れることが必要です。

日々新しいサプリが販売される現在、私たち消費者が求めるものは効果効能ばかりでなく、やはり安全性ではないでしょうか。
長年飲んでも大丈夫かということです。

皆さんはどんな点を見て購入の判断基準としていますか?
値段ですか?
メーカーですか?

やはり新聞に載ってましたが、食生活に関する悩みや不安を感じている人が44.3%でそのうちの81%が食品の安全性に不安を抱いているそうです。(読売新聞5月4日)

サプリメントや健康食品の安全性を考える上で重要となる点がいくつかあります。
原料の由来、有効成分の抽出方法、製品中の有効成分の含有量等です。

次回は、その点についてお話します。


    Posted at 18:39 Comments/TrackBack(0) Permalink サプリメント