ストレスと健康

 
プロフィール
細山浩
東京大学農学部農芸化学科食料化学研究室修了 農学博士
現在、株式会社エム・エイチ・ビー代表取締役副社長
詳細はこちら

新着エントリ
鼻水 (2/22)
血圧 (10/13)
 

新着トラックバック/コメント
新着トラックバック/コメント

 

カテゴリ
サプリメントと健康を考える なるほど!ブログ  

アーカイブ
2006年 (21)
2月 (1)
3月 (2)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (2)
2007年 (12)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
12月 (2)
2008年 (8)
1月 (1)
3月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2009年 (9)
1月 (1)
3月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2010年 (6)
2月 (1)
4月 (1)
6月 (1)
8月 (1)
11月 (2)
 


カレンダー
 
2008年3月
           
18
         

アクセスカウンタ
今日:5
昨日:12
累計:150,602
 

 RSS/のブログ




 
 
< ストレスとビタミンC < ストレスと活性酸素 | ストレス&リラックス/一覧 | ストレスとサプリメント >  
   2008年03月18日(Tue) 
 ストレスと健康
ちょっとというか、かなり前回と間が空いてしまいました。すみません。

すでに外は春。日中は汗ばむ陽気の日もあったり。
桜のつぼみもふくらんできましたね。
天気が良い日は気持ちがいいですが、さすがに花粉症の人たちはつらそうです。
これも春の光景になってしまった都会です。


さて今回も前回に続きましてテーマはストレス。
この前、テレビ番組で心療内科の設置や受診者がここ数年で増加している、という内容を見ました。
複雑な現代社会、ストレスを感じていないと思いつつも実は自分だけが気づいていないだけという方も多いようです。


ストレスが健康に被害を与えてしまう事はご存知ですよね。


ストレスが起こると血管は収縮してしまいます。
そして、その収縮を抑えるため今度は副交感神経にあるアセチルコリンが放出し、血管を開くように働きます。 これが繰り返されると細い血管が傷つけられたり、血液の流れが悪くなったり、活性酸素によって細胞が傷つけられたりということがおこり、胃潰瘍や心筋梗塞などの原因になると言われています。


また、人間は酸素を吸って体内に酸素を送り込んで生きています。酸素がない環境では人間は生きることができません。
体内にとりこまれた酸素のうち2〜3%は活性酸素として体内に侵入した細菌を殺したり、ホルモンを作る働きをしています。
活性酸素は悪いことばかりを言われますが、実はちゃんと役割があるのです。


しかしこの活性酸素、大気汚染、ストレス、お酒、タバコ、激しい運動などによって体内で増え続け、細胞やDNAを傷つけたり、たんぱく質や脂質を酸化させてしまうのです。
遺伝子を傷つければガン、血管を傷つければ動脈硬化、心臓を傷つければ心筋梗塞、脳を傷つければ脳卒中の発生につながります。その他にも体の酸化状態は老人性痴呆症、リウマチ性疾患、痛風、糖尿病…など、恐ろしい生活習慣病の原因となります。


すべてとはいえませんが、健康被害を与えるきっかけになったりする活性酸素。
なんとか増やさずに生活をしていきたいものです。
とはいえ、リラックスできる環境や食生活などに気を配りついつい踏ん張っていろいろやろうとしても上手くいかない時はストレスに・・・


なにごとも無理をせずにできることから。。。ということで
次回はストレス軽減のため栄養素やサプリなどをご紹介したします!


それではみなさん、楽しい春をおくりましょう。 
 
Posted at 18:42 Comments/TrackBack(0) Permalink ストレス&リラックス